ゲーセン ゲーセンさんぽ マーケティング 施設

自分でゲーセンやるなら!【メディアタイアップ/ジャムの実験/現代版ゲーム喫茶】

マジでおくむらが、ゲーセンをやってみたいと思いはじめた2017年!

とはいえおくむらがゲーセン作ってやってくなら、プロなゲーセンさんの助けとなれる、「ゲーセン女子|おくむらなつこ」だからこそのゲーセンにしなければ!ゲーセン女子の発信コンセプト「外に向けて発信する」「外から人を呼んでくる」に添ったゲーセンにしないと意味ない!!

ということで、「自分でゲーセンやるならこんなのしたい」第2弾でございます!!

 

◆「(カップルで)いちゃつける」をテーマにゲームを集めたゲーセン♡♡♡

きゃー!!えろい!なんてえろいコンセプトッ!

とはいえわたしアーケードゲームって、カップルが自然とくっつける要素をもってると思うんですよね・・・!!ひとつの画面を覗き込んだりとか、二人がけの椅子が筐体幅にあわせてちょっと狭いので自然とくっついたりとか、ポップンみたいな音ゲを2人で協力プレイするとか、どうですかどうですかちょっと爽やかにえろくないですか?!!

・・・あッ、ひとりでゲーセンいってるおくむらの妄想が過ぎてるだけですか?(白目)

(別の話しですけど、最近、写真のようにダビオナ付属チェアがあちこちダビオナ以外の要素で使われてて、これも写真集めてるのです(笑)。近々特集するです(笑))

 

◆コンテンツを探している週刊や月刊誌、Webメディアとタイアップ、メディアリレーションがセットになったゲーセン

カップルから急激にマジなトーンですいませn・・・(笑)

Webメディアが増え、雑誌も込みで記事コンテンツの数の確保が必要な時代ですねぇ。一般人ライターさんなど“ライター”の数も増えましたし、あらゆるメディアでライターやネタを探しておられる状態です。

・・・で、あれっ?ゲーセンってめっちゃくちゃコンテンツあるよね?と。

大会も毎週各店舗でやっててesportsプロゲーマーまでは行かなくてもめっちゃくちゃな実力者がふつーにしれーっと大会参加されてたりとか。

アツい店員さんがめっちゃひそんでおられたりとか。

・・・これ、メディアさんにしたら、すごい面白いネタなんじゃないの・・・?

ゲーセンさんも広告打たなくても露出できるんじゃないの・・・?

ということで大変急激にマジトーンで恐縮なのですが、ちょと一緒に考えてくださるメディアさんかゲーセンさんおられましたら、ぜひお問い合わせから教えてくださーい!!٩( ‘ω’ )و

 

◆現代版ゲーム喫茶

ゲーム喫茶っていうといわゆる「懐かしい純喫茶」的な感じで、テーブル筐体にコーヒーにポテトチップスの乗ったサンドイッチのお皿みたいな(笑)感じなのですが、レトロ推しではなく「現代版」でできないかなーと模索中!!٩( ‘ω’ )و

別にコーヒー飲めれば良いの?みたいな話しじゃないですよ!ちゃんとゲーム喫茶ですよ!!わりとガチで図面まで描いてるんですよ!!!(笑)

でも素人なんです・・・ゲーセンも喫茶も設計も・・・(笑)だれかー教えてー(笑)

 

◆「1時間1000円遊び放題」ではなく「1000円払うとプレイするゲームが指定されてくる」ゲーセン

“ジャムの実験”をご存知ですか?

選択肢が多いときは、少ないときよりも判断を下しづらくなるというもの。6種類のジャムを並べたテーブルと24種類のジャムを並べたテーブルの2つを用意したところ、どちらのテーブルでも試食をした人の人数は変わりませんでした。しかし、最終的にジャムを購入した人の割合を見ると、6種類揃えたテーブルの場合は30%、24種類のテーブルではなんと3%、と非常に大きな差が開いてしまった結果から導き出した。選択肢を少なくすることで、顧客のストレスを減らす販売戦略の根拠となっている。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B8%A5%E3%A5%E0%A4%CE%CB%A1%C2%A7

というものでして、

例えばモーリーファンタジーさんのように、ラウンドワンさんのように、「遊び放題」的なものはわりと発達してきてくれていますが、例えばよくおくむらが「ひとりでゲーセン行くのこわいしわからないけど、一緒だったら行きたい!!連れてって!!」と言われるみたいなことで、ゲーセン素人さんが各ゲーセン入って大量のゲームの中にひとりで放り込まれても、困ると思うんですよね。

であれば、例えば、「入口で1000円払ってアプリでルーレット回すと10個ゲームが指定」される、みたいにもうプレイできるゲームを絞ってしまって強制的にゲームをプレイさせる仕組みをつくったり出来ないかなぁ?!

もちろん「ふたりで遊べる」「長い時間遊べる」というような嗜好の登録だったり、「昔やったことがあるゲーム名」という経験の登録だったり、そういうものから店内にあるゲームを絞って提案する的な感じ。

ビデオ(ゲーム)専門店でもメダル(ゲーム)専門店でも、普段ゲーセンに行かない人がパッと行って座る!ってすごいハードルが高いと思うので、10個でなくてもいいんですけど、ちょっとそういう「提案型」の仕組みが取り入れられないかなーと思っている次第です。

こちらもブレーンお待ちしております(笑)!

お問い合わせ|ゲーセン女子

自分でゲーセンやるならこんなのしたい(ガチで準備始める予定笑)

アミュージアム茶屋町/岡山ジョイポリス/サードプラネットBiVi沼津/ラウンドワン姫路飾磨

にほんブログ村 ゲームブログ アーケードゲームへ
にほんブログ村
Powered by: Wordpress